貸出機器

本テストベッドのご利用者様には、以下の環境・機器等を貸し出し(本運用後有料)いたします。
その他必要な環境、デバイスなどは利用者の持ち込みを歓迎致します。 
以下(1)~(3)を同時にご利用いただけます。

※各環境については、無料試験期間中に、皆様のご意見をいただきながら随時更新していきます。
まずは、 こちら より、無料の試験運用にご協力をお願いいたします。

(1)クラウド環境 

LPWAテストベッド用にクラウド利用ID環境をご提供いたします。


(2)基地局環境 

Sigfox、LoRa、Wi-SUN の基地局環境を利用いただけます。


(3)子機デバイス環境 (2018/9/5現在)

①標準センサー型:
 温度など標準的なセンサーが内蔵されているなど、特にセンサー接続のための開発は不要です。
 LPWAの通信実験をすぐにされたい利用者様に最適です。

Sigfox sigfox-1

[子機No.S-1]
Sens'it

センサーデバイスの開発不要ですぐに使えるキットです。
温湿度、加速度、磁気、照度、振動検知センサーが搭載されています。
標準で各種データが閲覧できるGUIページが用意されています。

LoRa lora-1

[子機No.L-1]
LoRa 通信モジュール内蔵(検討中)

温度センサーなど標準的なセンサーが搭載されています。
LoRaの通信実験をすぐに実験可能です。

Wi-SUN wisun-1

[子機No.W-1]
Wi-SUN FAN 評価環境(検討中)

Wi-SUN FANによるマルチホップ環境の評価環境です。
センサーシミュレーション機能により、疑似データでセンサーなしでもすぐに接続確認ができます。


②センサー持込型:
 持ち込みのセンサーを接続してLPWAで通信したいなど、一定の開発環境を含んだ環境です。

Sigfox sigfox-2

[子機No.S-2]
Arduino + Sigfox通信シールド

Arduinoベースで開発可能です。
標準で温湿度、気圧、加速度センサーが搭載されています。
その他一定の開発が必要ですが、接続されたいセンサーなどの検証も可能です。

LoRa lora-2a

[子機No.L-2a]
Arduino + LoRa通信モジュール(シールド付き)

Arduinoベースで開発可能です。
一定の開発が必要ですが、接続されたいセンサーなどの検証も可能です。

lora-2b

[子機No.L-2b]
Raspberry Pi + LoRa 通信モジュール(シールド付き)

Raspberry Piベースで開発可能です。
一定の開発が必要ですが、接続されたいセンサーなどの検証も可能です。

lora-2c

[子機No.L-2c]
エバリュエーションボード + LoRa通信モジュール

マイコン・温湿度・気圧・9軸センサ・GPS搭載の検証用ボードとLoRaモジュールです。
エバリュエーションボードに搭載されているSTM32マイコンにプログラムを書き込むことで、 各種センサーで取得したデータをLoRaで送信可能です。

Wi-SUN wisun-2a

[子機No.W-2a]
OpenBlocks VX2 + Wi-SUNモジュール(検討中)

さまざまなIoT I/Fに対応するIoTゲートウェイであるOpenBlocksに、Wi-SUN FANモジュールを組み込んでLinux上で開発可能な環境です。

wisun-2b

[子機No.W-2b]
Armadillo-640 + Wi-SUNモジュール(検討中)

さまざまなIoT I/Fに対応するIoTゲートウェイであるArmadillo-640に、Wi-SUN FANモジュールを搭載したARM+Linux上で開発可能な環境です。



(4)測定機器・ツール 

簡易RFモニターからプロトコルモニタなどの測定環境を利用可能。
(具体的な機器については別途お問い合わせ下さい。)

image9