第18回 国際移動通信シンポジウム(WPMC2015)開催報告

 2015年12月13日(日)~16日(水)、インドのハイデラバード市において国際移動通信シンポジウム2015 (WPMC2015:International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications 2015)が開催されました。

 今回のWPMC2015は、”Global Digitalization”をメインテーマに、インドのGISFI(Global ICT Standardization Forum in India)、インド工科大学等の協力を得て実施され、GWS(Global Wireless Summit)との共同開催となったこともあり、世界26カ国から約450名の研究者が参加し、304件の研究成果発表が行われたほか、NICTの企画による5G、Wi-SUN、対災害無線通信技術に関するワークショップ等が開催され、活発な意見交換が行われました。

 また、オープニング・セッションには、来賓としてインドThe Institution of Electronics and Telecommunication Engineers (IETE) のMs. Smriti Dagar会長が招かれ、GWS/WPMC会議実行委員長のProf. Raja Kumar、NICT富田二三彦理事、YRP協会 羽鳥光俊名誉会長等が出席し、主催者挨拶を行いました。

 次年度のWPMCは2016年11月13日~16日の日程で中国・深セン市で開催予定です。

 


WPMC/GWS 2015 オープニングセッションの様子

 

 

 


All Rights Reserved, Copyright (C) YRP R&D Promotion Committee