ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2016
開催報告

2016年5月25日(水)~27日(金)の3日間、YRP研究開発推進協会は、国立研究開発法人情報通信研究機構、
YRPアカデミア交流ネットワークの共催により、東京ビッグサイトにおいて、
ワイヤレス・テクノロジー・パーク2016(WTP2016)を開催致しました。

今回のWTP2016はメインテーマを「2020年に向けて 世界一をめざすワイヤレス技術」とし、
注力することとなった「第5世代移動通信システム(5G)」「IoT&M2M&Wi-SUN」「測位(QZSS、屋内測位、
位置情報利用)」「ITS・自動走行」「次世代無線LAN」「防災・減災への無線システムの応用」
「地域ICT・地方創生」「SDN/NFV」の各テーマに沿って、セミナーや展示が行われました。

会期中は概ね好天に恵まれ、同時開催された「ワイヤレスジャパン2016」「運輸・交通システムEXPO2016」
「ドローンソリューション&技術展」と合わせ、昨年を約2,300名上回る47,100名超の方々にご来場頂き
ました。ご出展・ご講演のご協力を賜りました関係者の皆様及び会場に足をお運び頂きました皆様に
心より御礼申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2016 公式WEB

日付と天気 来場者数 (昨年数)
5月25日(水) 晴れ 14,603名 (12,978名)
5月26日(木) 晴れ 13,077名 (14,302名)
5月27日(金) 雨のち曇 19,428名 (17,511名)
3日間合計 47,108名 (44,791名)

開会式

開会式には、輿水恵一総務大臣政務官と吉田雄人横須賀市長をご来賓としてお迎えし、ご挨拶を頂きました。

テープカットの様子

輿水 恵一 総務大臣政務官(中央右)
吉田 雄人 横須賀市長 (中央左)

WTP実行委員会特別顧問 羽鳥 光俊
WTP実行委員長 甕 昭男
WTP実行委員  富田 二三彦
YRPアカデミア委員長 服部 武

出展・企画展示

今年度のWTP2016には昨年度とほぼ同規模の116社・機関にご出展頂きました。

また、各テーマに沿い、「5G Tokyo Bay Summit® 2016」「ロケーションサービス~QZSS・屋内測位・
位置情報利用~」「ITS」「対災害ICT」、「FLEXIBLE FACTORY日本版(Industrie 4.0)」の各パビリオン
及び「地方創生と地域情報化」のコーナーが設けられました。

各種有料・無料セミナー

3日間を通じて25コースのセミナーやセッションが開催され、
様々なテーマの下で講演やパネルディスカッションが行われました。

WTP International Day / 5月26日(木)

WTPを国際連携の場とする取組の一環として、昨年に引き続き、会期2日目の5月26日(木)を
WTP International Dayとし、日本企業とのパートナーシップを模索する海外企業・機関に
International Sessionにてご講演・ご出展頂きました。

また、この日、主だったブースにおいては英語で展示説明を行える体制が整えられ、
在京外国大使館の方々に向けたブース案内ツアーが実施されました。

YRPブースでのご紹介内容

YRPブースでは、YRP研究開発推進協会の主な活動内容であるブロードバンドワイヤレスフォーラムと
ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会についてご紹介するとともに、
YRPユビキタスネットワーキング研究所の研究内容と、横須賀市の企業誘致に向けた取り組みを
ご紹介しました。

アカデミア・セッション

大学研究室の研究成果発表の場としてアカデミア・ポスター・セッションと、
アカデミア・セッションを開催しました。

歴史展示コーナー

また、今年もYRPセンター1番館の「YRP無線歴史展示室」の所蔵品を中心に
数々の貴重な無線通信機等をご紹介する無線歴史展示コーナーが設けられました。