ワイヤレス・テクノロジー・パーク (WTP) 2019
開催報告

2019年5月29日(水)~31日(金)の3日間、YRP研究開発推進協会は、国立研究開発法人情報通信研究機構、YRPアカデミア交流ネットワークの共催により、東京ビッグサイトにおいて、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019(WTP2019)を開催致しました。

今回のWTP2019はメインテーマを「ワイヤレスで新たな社会をデザインする~5G到来、そしてSociety5.0へ~」とし、Society 5.0、5G、Beyond 5G、IoT(Internet of Things)、衛星・屋内測位、位置情報、工場向け無線技術・システム、ミリ波・テラヘルツ波技術、ドローン通信技術などの企画テーマに沿ったパビリオンを特設し、またセミナーを実施しました。

会期中はまずまずの天候に恵まれ、同時開催された「ワイヤレスジャパン2019」「運輸・交通システムEXPO2019」「IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展 2019」と合わせ、昨年度を約2,000名以上上回る約57,000名の方々にご来場頂きました。ご出展・ご講演のご協力を賜りました関係者の皆様および、
会場に足をお運び頂きました皆様に心より御礼申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2019 公式WEB

日付と天気 来場者数 (昨年数)
5月29日(水) 曇りのち晴れ 17,471名 (16,677名)
5月30日(木) 晴れ 18,283名 (17,454名)
5月31日(金) 曇り 21,003名 (20,292名)
3日間合計 56,757名 (54,423名)

開会式

開会式には、総務省総合通信基盤局 田原康生電波部長と、上地克明横須賀市長をご来賓としてお迎えし、ご挨拶を頂きました。

テープカットの様子

総務省総合通信基盤局電波部長 田原康生 様(中央)
横須賀市長 上地克明 様(中央左)
YRP研究開発推進協会 会長/WTP実行委員長 甕 昭男(中央右)
国立研究開発法人情報通信研究機構 理事  門脇 直人(左端)
YRPアカデミア交流ネットワーク 運営委員長 服部 武(右端)

出展・企画展示

今年度のWTP2019には95社・機関にご出展頂きました。

各テーマに沿い、「5G Tokyo Bay Summit® 2019」「ロケーションサービス」「Flexible Factory Project ~工場内ワイヤレスIoT実現に向けた取組み~」の各パビリオンが設けられました。また展示会場内では、総務省の「『電波資源拡大のための研究開発』第12回成果発表会」及び「高専ワイヤレスIoT技術実証コンテスト」成果展示も行われました。

基調講演・各種無料セミナー

3日間を通じて84件のセミナーやセッションが開催されました。
会議棟では、前回に引き続き、同時開催展である「ワイヤレスジャパン2019」との共同企画により、『5GとIoTで新たな世界へ』と題した基調講演・スペシャルセッションを会期1日目と2日目の2日間実施し、500名のレセプション・ホールは満席になり、多数の立ち見が出るなど、会場は熱気に包まれました。一方、展示会場内セミナー会場でも、企画展示と連動した内容をはじめ、様々なテーマで講演などが行われ、こちらも立ち見が出るなど、好評を博しました。なお、セミナープログラムの中で、優れたIoTセンサーネットワークなどに関する取組みを表彰する「WSN-IoT AWARD 2019」の表彰式も行われました。

アカデミア・プログラム

大学研究室の研究成果発表の場として、会期中の3日間にわたりアカデミアポスターセッションが、会期1日目と2日目には電子情報通信学会 高信頼制御通信(RCC)研究会/ヘルスケア・医療情報通信技術(MICT)研究専門委員会による合同技術展示が、更に会期3日目にはスマート無線研究会(SR研)による技術展示、及び展示会場内セミナー会場にて技術展示関連講演が行われました。また、会期3日目には、「MIMO」をテーマにした「アカデミア招待講演」が展示会場内セミナー会場にて行われ、こちらも立ち見客も出るなど、多くの聴講者を集めました。

歴史展示コーナー

今年度は、第5世代のプレサービス開始の年ということで、「5Gいよいよスタート 5世代それぞれの革新と進化」をテーマとして、YRPセンター1番館の「YRP無線歴史展示室」「YRP無線歴史展示室」の所蔵品の他、携帯電話の歴史を彩る懐かしい機種その他を展示しました。またセミナーでは、携帯電話の草創期から5Gまでの携帯電話の社会インフラの役割と進化の歩み、そして今後の展望について、ご紹介しました。

YRPブースでのご紹介内容

YRPブースでは、YRPについてのご紹介のほか、YRP研究開発推進協会が事務局となっているワイヤレススマートユーティリティネットワーク(WSN)利用促進協議会が取り組む、横須賀市におけるハイブリッドLPWAテストベッド、「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」や横須賀市の企業誘致に向けた取り組みなどを、
プレゼンテーションを交え、ご紹介しました。