横須賀リサーチパークの概要

横須賀リサーチパーク(略称:YRP)は、電波・情報通信技術を中心としたICT技術の研究開発拠点として、都心からのアクセスも良好な横須賀市南部の郊外に、1997年10月に開設されました。 全体面積は約58.8ヘクタール(東西約1.7km、南北約700m)で、丘陵地の地形を生かした基盤整備により豊かな 自然が保たれ、研究開発活動に適した落ち着いた環境が整えられています。 現在、この地には、国際的な電波・情報通信技術の発展を目指す公的研究機関や、国内外の企業の研究所および大学の研究室が多数集積し、基礎から最先端に至る幅広い分野の研究開発活動が行われています。 また、こうした研究開発活動を支援するため、各種の研究実験施設やテスト環境(テストベッド)等が共同で利用できるよう整備されているほか、新技術についての討議の場となるフォーラム等が設けられており、産学官交流・国際連携の推進を目的とした様々なイベントや、人材の育成を目的とした多種の研修が随時開催されています。


位  置 横須賀市中心部から約 6 km南方の「光の丘」地内
面  積 58.8ヘクタール(東西約1.7 km、南北約700 m)
交  通 京浜急行電鉄「YRP野比駅」から約1.2 km
高速道路横浜横須賀道路佐原ICから約1.7 km
進出企業 58機関 (2017年8月現在)
推進組織 YRP研究開発推進協会
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク
京浜急行電鉄株式会社 横須賀市 総務省

YRPで行われている事業

1. 研究開発

 移動通信、衛星通信、光無線等の電波利用技術分野の研究開発

 未利用周波数の開発と既利用周波数の有効利用のための
 技術開発を目的とした周波数資源開発

 電波・電気通信に関わる技術規格・端末・通信方式等の
 標準化推進のための研究開発活動、等

2. 施設整備

 集積研究機関・企業による共同利用が可能な実験施設の整備

3. 研究交流

 産学官の研究者間の国際的な研究連携や情報交換の推進を
 目的としたワークショップ、セミナー、展示会等の企画・運営

4. 人材育成

 研究者や技術者の育成やスキルアップを目的とした各種研修

 アジア太平洋地域への日本の技術の伝播と人的ネットワークの
 構築を目的とした研修

 横須賀市産学官交流センター入居大学研究室による
 「社会人博士課程制度」

5. 生活支援

 レストラン、売店、ホテル、独身寮等の整備