フォーラム・協議会

情報通信技術における研究開発活動を支援・推進する役割を担うYRP研究開発推進協会では、次のようなフォーラム・協議会等を設置することにより、新技術の議論の場や、関係者間の交流の場を提供しています。

ブロードバンドワイヤレスフォーラム(BWF)

2009年7月に総務省電波政策懇談会の報告を受け、新たな無線通信技術を用いたシステムやサービスの早期実用化及び国際展開を図るために設立されたフォーラムです。これまでに家庭内ワイヤレスシステム、ユビキタス・センサネットワークシステム等に関する議論が行われ、現在はワイヤレス電力伝送システムの技術開発の促進、法令上の利用環境整備、標準化等の討議が行われています。

ブロードバンドワイヤレスフォーラム(BWF)
http://www.yrp.co.jp/yrprdc/bwf/

ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会(WSN協議会)

YRP生まれの研究成果であるワイヤレススマートユーティリティネットワーク(WiSUN)技術の普及・利用促進と、その技術を活用した事業開発を支援することにより、ICT産業の強化と国際的な研究開発連携、ソーシャルICTの推進に貢献することを目指して、2014年5月に設立された協議会です。

ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会(WSN協議会)
http://www.yrp.co.jp/yrprdc/wsn/

エリア放送開発委員会

2010年9月に総務省で発足した「ホワイトスペース推進会議」の議論を踏まえ、同年10月に設立された「エリアワンセグシステム開発委員会」が前身で、エリア放送に関心をお持ちの通信・放送事業者、機器メーカー、コンテンツ業者など幅広い関係者にご参加いただき、ホワイトスペースを活用したワンセグ型に代表されるエリア放送について、システムイメージの具体化、標準規格化の推進や利用ルール策定、普及啓発、関係機関との連絡調整、情報の収集等を行い、早期実現に向けた普及啓発を行っています。

エリア放送開発委員会 http://area-broadcasting.jp/index.html