第11回 ワイヤレステクノロジーセッション

IoTを支える衛星測位による位置情報

昨年10月に準天頂衛星「みちびき」4号機の打ち上げに成功し、
2018年度から、日本版の全地球測位システム(GPS)サービスの本格運用が始まります。
その実現に欠かせない、高精度で安定した測位技術の最新動向をご紹介します。

主  催: YRP研究開発推進協会
後  援: 横須賀市  ㈱横須賀テレコムリサーチパーク
開催日時: 2018年2月16日(金) 14:00 ~16:10
開催場所: YRPセンター1番館「YRPホール」
      神奈川県横須賀市光の丘3-4
     (アクセス)http://www.yrp.co.jp/facilities/access.html
参加費: 無料(満席になり次第、事前受付を締め切ります)

※ ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください。
※ 当日は自由席となります。受付は 13:20 頃より開始します。
※ 無料のセッションのため、講演内容についての資料の配布は行っておりません。
  あらかじめご了承ください。

プログラム

14:00 ~ 14 : 05
開 会
14:05 ~ 15 : 00
photo-suzuki

ロボットで使える衛星測位技術

早稲田大学
高等研究所 助教
鈴木 太郎 氏

《講演内容》
GPSに代表される衛星測位技術は,屋外環境での位置推定手法として、様々な分野で広く利用されている。本講演ではドローン、サービスロボット、自動運転などのロボット技術に焦点を当て、ロボットでの衛星測位技術の利用方法とその応用について紹介する。

15:00 ~ 15:15
ご案内&休憩
15 :15 ~ 16:10
photo-suganuma

GNSSの高度化と、その帯域における
 電波干渉の実態およびGNSS受信機の課題

測位衛星技術株式会社
技術本部 ハードウェア開発部 副部長
小神野 和貴 氏

《講演内容》
GNSS信号の高度化によって、携帯電話をはじめ地上無線システムによる干渉問題が深刻化しています。本講演では、GPSからGNSSへと高度化を成す衛星測位システムの解説と、電波干渉の課題について、実際の試験データを示しながら具体的に解説していきます。

※ お申込みの際にいただいた個人情報は適切に管理し、YRPにおける無料の
セッションやセミナーの開催をお知らせする目的にのみ使用します。


【お問い合わせ先】
YRP研究開発推進協会 
e-mail: wtsession*yrp.co.jp(*は@に置き換えてください)
電話:  046(847)5018