第12回 ワイヤレステクノロジーセッション

情報化時代のサイバーセキュリティ

IoT産業の発展を受け、インターネットに接続される機器の数は増加の一途をたどっていますが、
それに伴い、サイバーセキュリティ上の脅威は年々増大しています。今回はサイバー攻撃の最新動向と、今後迎える5G時代に向けたセキュリティに関する国際的な取り組みについてご紹介します。

主  催: YRP研究開発推進協会
後  援: 横須賀市  ㈱横須賀テレコムリサーチパーク
開催日時: 2018年10月31日(水) 14:00 ~16:10
開催場所: YRPセンター1番館「YRPホール」
      神奈川県横須賀市光の丘3-4
     (アクセス)http://www.yrp.co.jp/facilities/access.html
参加費: 無料(満席になり次第、事前受付を締め切ります)

※ ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください。
※ 当日は自由席となります。受付は 13:20 頃より開始します。
※ 無料のセッションのため、講演内容についての資料の配布は行っておりません。
  あらかじめご了承ください。

プログラム

14:00 ~ 14 : 05
開 会
14:05 ~ 15 : 00
photo-yoshioka

IoTにおけるサイバー攻撃の最新動向とその対策

国立大学法人 横浜国立大学
 大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院 准教授
吉岡 克成 氏

《講演内容》
IoT機器を狙ったサイバー攻撃が深刻化している。2016年のMiraiウイルス大流行の後、2017年には国内でIoTマルウェアの大規模感染が複数確認されるなど、その脅威はより身近になっている。
本講演では、IoTマルウェアの動向やIPカメラの覗き見等の実態など、実観測に基づく最新の状況とその対策について説明する。

15:00 ~ 15:15
ご案内&休憩
15 :15 ~ 16:10
photo-nakao

最近のサイバー攻撃を踏まえた
   5Gセキュリティとその国際標準化動向

国立研究開発法人 情報通信研究機構 サイバーセキュリティ研究所 主管研究員
国立大学法人 横浜国立大学 客員教授
内閣官房 サイバーセキュリティ補佐官
中尾 康二 氏

《講演内容》
本講演では、最新のサイバー攻撃を考慮したうえで、5G環境における脅威、およびどのように5Gセキュリティを実装するべきかにつき議論を行う。また、5Gセキュリティの国際標準化につき、初期段階ではあるが、ITU-Tでの5Gセキュリティの標準化動向について紹介する。

お申し込みはこちら

※ お申込みの際にいただいた個人情報は適切に管理し、YRPにおける無料の
セッションやセミナーの開催をお知らせする目的にのみ使用します。


【お問い合わせ先】
YRP研究開発推進協会 
e-mail: wtsession*yrp.co.jp(*は@に置き換えてください)
電話:  046(847)5018