全球物聯網品質保証連盟設立署名式

 

 2011年7月5日、YRP研究開発推進協会は、中国の移動通信聯合会(CMCA)、中国質量認証中心(CQC)、およびフィンランドのDIMES Association(DIMES)との間で、全球物聯網品質保証連盟(以下、「GIOT連盟」)の設立に合意し、設立協議書に署名致しました。 

署名式は、ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2011の開催会場であるパシフィコ横浜で行われ、これに先立ち、WTP2011では、「国際戦略セッション−全球物聯網品質保証(GIOT)セッション」と記者会見が行われました。 

 
     
記者会見
署名式
WTP2011会場でのGIOTセッション
 

 GIOT連盟は、携帯情報通信端末、情報家電などの通信機能付き機器、ITS関連及び関連ソフトウェアなどの国際相互接続品質保証に関して、システム開発支援、その利便性の向上及び情報通信システム及びサービスの健全な発展に寄与することを目的としています。

 またこの目的達成のため、次の活動を行う予定です。

(1)        国際相互接続品質保証に関する関連情報の収集及び提供

(2)        国際相互接続品質保証に関する利用者要望の調査・情報の提供

(3)        国際相互接続品質保証に関する国際的な研究開発動向と市場動向の調査分析

(4)        国際相互接続品質保証に関する国内外の関係機関との連絡調整

(5)        国際物聯網品質保証のための「相互接続性確認試験」と「認証機能」確立

(6)        国内外のテストベッド利用と自動化ツールの検討

(7)        国際物聯網品質保証に活用する国際相互接続性データベースの検討

(8)        前各号に付帯する事項

 

GIOT連盟の本部は北京市内に置かれ、また会長にはCMCAの倪健中副会長が就任を予定しています。

 
All Rights Reserved, Copyright (C) YRP R&D Promotion Committee