ワイヤレススマートユーティリティネットワーク
       利用促進協議会(WSN協議会)について

1.目的

横須賀リサーチパーク(以下、「YRP」という。)の研究成果であるワイヤレススマートユーティリティネットワーク(以下、「WSN」という。)技術及びその実用のための関連技術について、普及・利用及びその技術を活用した事業開発を促進することでICT産業の強化と国際的な研究開発連携、ソーシャルICTの推進に貢献することを目的とする。

2.活動

(1)本協議会は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」という。)と連携し、その協力を得て、WSN技術とセンサーネットワーク技術、ビッグデータ利活用技術などの利用及び事業化の課題解決のための検討、国際的な展開のための戦略検討、YRPにおける事業の拠点化の検討を行い、それに基づく事業展開の支援活動を行う。

(2)上記活動において、会員企業の事業展開の支援についてWSN技術に精通する会員企業の協力を得て、サポート機能の整備を図る。

(3)活動に当たっては、NICTが整備したワイヤレスユーティリティネットワーク施設の活用を図る。
    ≫参考資料

3.設立日

2014年5月9日

4.事務局